2013-11-18

『渋ビル手帖』と『ぽかん』

古いもの好き。昭和のもの好き。建築も興味ある。
という私ですが、この冊子を知った時は、その視点があったか!と思いました。

『名古屋渋ビル手帖 創刊号』
¥500

寺嶋さん、謡口さんのお二人が名古屋の”渋ビル”つまり昭和の渋いビルを愛で、褒める会、「名古屋 渋ビル研究会」。そこから生まれたのがこのリトルプレスです。

普段視界に入っているはずなのに、きちんと観察したことのなかった渋いビル。改めて見たら、こんなに楽しいポイントがあるんですね。
これは「渋ビル手帖」片手に新たな渋ビルを発見しに街に出るしかない!

「渋ビル研究会」、12月にはなにやら楽しいイベントも企画されてるようですよ。詳しくはこちら


『ぽかん 3号』
¥900

リトルプレスと呼ぶよりも、同人誌と呼んだほうがふさわしい気のする『ぽかん』の3号が発行されました。
今回は、1,2号と趣を変えて、本誌に付録が2部ついています。

私は、自分が本屋と名乗るには、おこがましくて恥ずかしいほどに、好きな本しか読まないし知らないのですが、『ぽかん』を読むと、本をもっと読まなきゃなと思います。
寄稿されている方たちの文章が好きです。
ゆらゆらとたゆたうように、同時に中毒のように読んでしまう『ぽかん』。

活字があるとつい読んでしまうような方に。古本好きな方にも。
1号、2号のバックナンバーも揃っていますので、合わせてどうぞ。

No hay comentarios:

Publicar un comentario en la entrada