2013-07-05

1滴のインクから

そろそろ梅雨明けを思わせる、蒸し蒸しした一日。
あぁ、いよいよ日本の夏が来てしまったか・・・今年は涼しい期間が長かったため、今週は余計に暑さが堪えるかもしれないですね。


さて、今日は、紙好きな方ならきっと虜になってしまう、新しいつくり手さんの紹介です。


手仕事でペーパーアイテムを製作するアトリエ。
青島美佳さんが、一人でデザインから起こし、時にはシルクスクリーンで一枚ずつ印刷して仕上げています。

※今回のブログの画像は、青島さんのホームページの画像がとても素敵なので、ご本人の許可を得て、お借りしています。


"encle"はフランス語で”インク”の意味。
ペンにつけた1滴のインクから無数の作品が生まれるようにという願いで名付けたそうです。

薄葉紙の紙袋10色セット ¥735

この薄葉紙は、とても薄くシャリシャリとした紙。
シルクスクリーンで刷っています。

外国の石鹸やお菓子でも入っていそうな、うっとりしてしまうデザインと色合い。
端をきゅっとねじったり、リボンを結んだり・・・絶妙な色のセレクトも素敵。
ずっと眺めていたくなるけれど、ぜひここぞという時に使ってください。

青島さんのホームページには、この紙袋のラッピングの方法も載っています。(→こちら

ペーパーリボン(L)3色セット ¥630

こちらは同じデザインを、3色のワックスペーパーにプレス印刷をかけてつくった紙製リボン。


ワックスペーパーの色合い、質感とデザインが合わさって、独特の雰囲気。

ペーパーリボン(S)2色セット ¥525

同じデザインの少し小さいバージョン。


こんな風にラッピングに使っても・・・


「じっくり時間をかけた分、長く愛される商品となりますように」という青島さんの言葉にも、とても共感ができます。
アンクルダンクルの作品に、言葉でうまく言い表せないような温かみのようなものを感じるのは、きっとそんな青島さんの想いと丁寧さがあるからだと思うのです。

パラフィン紙袋8色セット ¥1,260


シルクスクリーンで印刷したパラフィン紙と再生紙を貼り合わせた紙袋。

手刷りによるかすれがまた味わいになっています。
新しいものなのに、異国でずっと伝わってきた紙袋のよう。

さぁ、これに何を入れようか、もう少し異国の世界に妄想の旅に出ようか・・・

トレーシング封筒6柄セット
封筒6枚、無地便箋6枚入り ¥1,050
(郵送する場合は定形外郵便となります)

手紙の醍醐味は、胸が躍ること。

自分が手紙を書く時には、レターセットを選ぶ時から相手のことを想いながらわくわくして選ぶ。書いている時も、ポストに入れて、届くまで・・・

そして、自分がもらった時には、ポストを開けた瞬間から封を開けて、手紙を読んで、何度も読み返して・・・その間ずっと胸が躍ってる。

このレターセット、そんな手紙の楽しさをそのまま形にしたみたい。


パッケージも素敵なので、手紙好きな人へのプレゼントにも。

2色のカード11枚セット ¥420

昔のネームカード用の紙に、シルクスクリーンで印刷したカード。
紺とベージュ5枚ずつに、リボンがついたカードが一枚。
リボンのカードはそのまま栞にしてもよいですね。

ホワイトレター ガーベラ
便箋10枚 封筒5枚 ミニカード5枚入り ¥840

”手紙を書く時の優しい気持ち”がテーマのレターセット。
便箋や封筒の形もやわらかい。

ホワイトレター バード
¥840

こちらの柄も素敵です。

パレットカード レイク ¥525
(郵送の場合は定形外)


カードをスライドさせると、メッセージを書く事ができます。
リボンがついているので、もらった人は、そのまま部屋にインテリアとして飾って置くこともできるのです。

他にもこんな柄もありますよ。

パレットカード オーバルフラワー ¥420
(定形郵便で送れます)

パレットカード バタフライ ¥378
(定形郵便で送れます)

1滴のインクの雫が落ちて、波紋が大きく広がるように、多くの方にATELIER encle d'ancleのよさを実際に見て感じてもらいたいなと思います。

No hay comentarios:

Publicar un comentario en la entrada