2013-06-29

お待たせの例の紙モノ

倉敷意匠計画室から、ひさしぶりに入荷しました。

いろんな方から、まだですかー?と言われていたのですが、遅くなってしまい本当にごめんなさい。

今回の入荷はほとんどが再入荷のものです。
まずは、活版印刷ものから。

ラベルブック 100枚 どちらも¥378

上下を切り取り線でぴりぴりっと破って使うラベルです。
このぴりぴりっが楽しい~


拡大してみると、活版印刷されたインクがなんともいえない味になっています。


メモカード どちらとも 50枚入 ¥294

こちらも活版印刷のカード。
名刺大くらいの大きさで、一言添えるのに便利。
ウェデイングの座席札などにも使えそうです。


ちょっとかすれたりするのも活版印刷ならではです。

レシピカード 50枚入り ¥567
ダイアリーカード 50枚入り ¥462

こちらも活版印刷。


レシピカードはポストカードサイズ。
よく使うレシピを書いておけば、料理するときにさっと取り出せます。
人に聞かれたレシピもこんなカードに書いて渡せたらいいですね。


ダイアリーカードは写真のL版と同じ大きさ。
写真と一緒にその詳細を書いておいたり、人に写真を贈る時にもいいかもしれません。
日付だけのカードなので、一筆せんにも最適。味わいのある厚紙です。

マルシール、ニジュウマルシール ¥693

欠品していたニジュウマルシールが入荷しました。
いろんな味わいのある紙モノが印刷されたシールです。
穴開けパンチで穴を開けたところにぺたりと貼ったり、封筒の封に貼ってもかわいいですよ。

関美穂子さんの昼寝ねこシール 2枚入り ¥126

シールつながりで、こちらもひそかな人気者。
グラデーションになっているねこがかわいいシールです。

こけしシール 68片入り ¥693

お次は、マッチ箱シリーズ。
小さな箱の中に広がる楽しい世界。
これは、ちびこけしが箱の中にわらわらと68体も入っています。

関美穂子 グラシン紙メッセージシール 30枚入り ¥693

マッチ箱の中に、貼るとうっすらと透けるシールが入っています。
鉛筆でも書ける紙製のシールです。ラッピングの仕上げにどうぞ。

レタープレスのミニカード ¥441

こちらはマッチ箱+活版印刷!
小さな活版カードが箱の中に入ってるのです。
眺めてるだけで楽しい・・・

フセン ソラ+シュ ¥525
フセン キナリ+コケ ¥462

この組み合わせ、色、形。
いろんなのが出ているけど、シンプルで面白いのはなかなかないです。

厚口マスキングテープ 45mm 各¥504

マスキングテープも各社からかわいいのが出てますが、ちょっとシンプルなのに戻ってみました。この太さは、梱包や手紙の封に使うのに便利ですよ。普通のものより少しだけ厚地。

厚口マスキングテープ 18mm 各¥210

左の2本、緑色と藍色は、メーカー廃盤とのことで、在庫限りとなります。
どちらもとてもいい色でおすすめです。

マスキングテープ 13mm 各¥147

このシマシマも、絵のかわいいものばかり見た後には、逆に新鮮。シンプルだと使い道も広がりますね。

マスキングテープ ¥178

とか言いながら、やっぱりはずせない、こけしちゃん・・・

仕切り書 複写式50組 ¥567

これは、手書きで「納品書」、「請求書」などと書き込むことができるシンプルなインボイスです。
用途に合わせて書き込めるのでなんでも使えるのが便利。
つくり手さんに人気の商品ですよ。

横長領収書 英語 ¥441
横長領収書 日本語 ¥483

こちらもシンプルで人気のある領収書です。
複写式になっています。使いやすいです。

薄紙レターパッド 100枚入 ¥798

シャリシャリしていて、薄いとてもきれいな紙。
こういう便箋でお手紙もらうとうれしいんですよね。


大きめなので、小さい何かを包む時にも活躍します。

ノラヤのお茶会便箋 150枚綴り ¥693

こちらも人気のある、お茶会便箋。
横部分が点線で切り取れるようになっています。
左右とも切り離せば、一筆せんとしても使えるし、つなげて蛇腹状にして送っても楽しい。

ノラヤのお茶会封筒 5枚入 ¥399

便箋がちょうど入る封筒もあります。
どちらも橙、青の二色です。

ノラヤのキッチン切手 ¥262

切手といっても、これを貼って送れるわけではありません。
切手のように、ぴりぴりと破って、裏に水をつけて貼るタイプのシールです。
封筒の封に、かわいいです。


・・・と、再入荷のものがほとんどですが、ひさしぶりなので詳しい説明も添えてのご紹介でした。

夜は19時までやっていますので、どこかに行った帰りにふらりと寄ってみてください。

No hay comentarios:

Publicar un comentario en la entrada