2011-06-29

小さくても大きな・・・

SARANAには、小さなお客様も
お母さんや家族といっしょにやってきます。
店の中でそんな小さな人が楽しく過ごせると
いいなぁといつも思っています。

小さな人が一人で好きに読んでいい
「店内用の絵本」も少しですが用意しています。
他の本が読みたいという時は、
大人の人と一緒に読んでくださいね。
お店の本を大切に扱うことも、お勉強だものね。

それに、絵本は本来小さな人のためのもの。
一緒に選ぶ時間も楽しくありたいですね。

飽いてしまったら、遊ぶものも少し用意しています。
まだ少ししかないので、すべての年齢の小さな人に
対応できていないのですが・・・


これは、店を訪れた小さな人たちがつくった作品。
長細いパーツを組み合わせていろんな形がつくれるという
ドイツのおもちゃ。
本当は、自分が楽しむために、数年前に豊田市美術館の
ミュージアムショップで買いました。
(幾何学的なものとか立体に目がない私)

試しに、店内に飽いてしまった小さな人にすすめてみたら、
思った以上に、夢中に。
お母さんやおばあちゃんの分まで「おほしさま」をつくって
くれた女の子や、観覧車を完成させるまで帰らないと
言ってがんばった男の子。
見本の紙なんか見ないで、自分のひらめきでどんどん形を
創っていった女の子。

そして、そんな小さな人たちと関わることに、
私は夢中なのでした。

また遊びに来てくださいね。小さなお客様。

No hay comentarios:

Publicar un comentario en la entrada